少しでも相続税を減らすには?

さてさて、第二回目になりました。
今回も相続の話で参りましょう!いろんな本を読んで調べたんですけど、相続税が2015年から増税になるわけですけど、結局少額の特例制度を使ったりすると実際はそれほど影響なく相続が出来るみたいですね。ただ、事前に知って申請しないとダメなんで、やっぱり相続税対策は必要かなぁというのが今回の感想です。

相続税の支払いに苦しまされてしまう人がどんどん増えている世の中ですが、この中で少しでも相続税を減らしていくためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか?土地での の財産分与が行われる際にはその土地そのものを売却して財産としてわけた方が良いのか、土地のまま分与を受けた方が良いのかを考えましょう。

売却するためには土地の価格を決めるために鑑定を受けなければなりません。
さらに不動産売買を行なう際には仲介手数料等が必要になってくるので、こうした金額を含めて自分の受け取り分を計算した場合に、どれだけの税金を支払わなくてはならないのかを考えた上で税金を支払い、上記のような仲介手数料などをすべて支払ってもなおプラスになるようであれば売却した方が良いです。

土地ではなく現金で遺産を相続人で分ける際には誤魔化しようがありませんので、納税対象になっている場合税金を支払うしか方法はありません。しかし上手に生前贈与を行ったことによって、相続税を支払う必要がないように自分の財産の親族にかけることができます。生前贈与を行う場合には1人に対しての基礎控除額が110万円となっていますので、これを超える金額での贈与が年間に行われなければ贈与税を支払う必要はありません。またトータルでの財産が多く、年間を通じての贈与額が110万円を超えてしまう場合にも、できるだけ複数人に贈与しておくようにすれば、それぞれの受取人は少ない贈与を繰り返しながら財産を受け取っておくことができるようになります。

さらには自分の子供ではなく直接孫に生前贈与することによって、贈与税の対象とならず、1回に限りですが贈与税を支払う必要がありません。様々な方法を考えながら少しでも相続税、そして贈与税を節税することを考えましょう。

なんと今日は相続税の話です。

お久しぶり。このブログを書いてからお金の話ばかりしているけど、今日もやっぱりお金の話です。でも、今迄みたいにお金をどう借りるかみたいな話ではなくて、ちゃんとした相続の話です。実は、うちのおやじなんですが結構な年で真剣に相続について考え始めたみたいで、この前その家族会議が行われました。

相続と言っても大した財産があるわけでもなく、郊外に土地付きの一戸建てがあって、あとはわずかばかりの貯金と満期になる保険金くらいなものです。でも、よくよく調べてみると、相続税ってのがかかってくるようで、生前に準備しておかないと結構な額が持って行かれちゃうみたいなんですよね。特に家とかは評価額で決まるから、親父が亡くなった後に俺の名義にかえたら評価額に対して結構な額の相続税が発生しちゃうって訳。

そうなるとヤバいっていうんでどうするかっていうと、評価の額を下げちゃおうってわけで色々なやり方があるみたいなんだけどそこは相続弁護士っていう相続専門にやってくれる偉い弁護士先生を交えて今度話しましょうという形で落ち着きました。なんとまぁ、いつもはくだらないはなしばっかりしているけど、今日はなんと法律の話でした。

gum11_ph01012-s.jpg

何となく自分でも相続について調べてみたんだけど、相続税って恐ろしいね。相続税が恐ろしいって思ったのは、何よりもまず現金収入がないのに税金だけかかってきちゃうってところ。さっきの家の話だと、例えば2000万円の評価額で20%が相続税だとしたら400万円かかっちゃうんだって。現金収入があってそれに対して税金払えならまだわかるけど、いきなり400万円払えって・・・・そりゃ無理でしょう。。。。弁護士先生との話し合いの結果はまたアップしますね~

借金があるとやはり胸を張れないと思った

お盆の休みを利用して実家に帰りました。そこで十年以上会っていない親戚の方々と食事会をすることになりました。

昔は良く集まって食事会を行っていましたが、引っ越しなどでお互いの都合がつかなくなり、疎遠となっていました。決して仲が悪くなったわけではありません。なので、久しぶりに会えてうれしかったです。ですが、「お前は最近何をしているんだ?」というような質問にはやはりうんざりです。。。まさか借金まみれで首もまわりませんなんて言ったら卒倒してしまうかもしれないですからね。

こう見えて、親族は結構お金持ちが多いというか、しっかりとした家系で医者をやっている親戚もいますし、私のいとこなんかは慶応義塾大学や早稲田大学といった有名私立大学を卒業していたりします。そうなるとやっぱりちょっと肩身は狭いです。。。。

さて、実家に一度みんなで集まり、会場へ向かいます。豪華な懐石料理でした。こんな豪華な料理を見るのは本当に久しぶりで、借金マンとしてはぜひともたっぱーに入れて持ち帰りたいと思っちゃいましたが、それはさすがにやめておきました。

久しぶりの再会が多いこともあり、お酒が進み過ぎて、ところどころ記憶が失われているとこがありましたが、すごく充実した時間を過ごせました。その後は実家にみんな集まり談笑。昔の思い出を共有でき、素晴らしいお盆休みとなりました。 あとは僕がしっかりと借金を返して真人間になれれば胸をはって彼らとの付き合いを構築できるのですが、、、なんとなく今は後ろ暗いです。。。

借金の保証人

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

先日、姉夫婦から家を建て直す為の借金の保証人になって欲しいと言われましたが、断ってしまいました。本当に申し訳ないと思ったのですが、さすがに1千万円の保証人にはなれません。

何かあったときに消費者金融から借りられる金額ではないしサラ金を利用するような身分です。かといって自分達で稼げる金額でもありません。もう少し金額が少なかったら考えたでしょう。冷たいやつと思われても無い袖は振れない、というのが現実です。姉夫婦は元々旦那のお父さんがお金持ちで、2世帯住宅を持っていたほどです。そのお父さんが亡くなり、立て直す為だそうで、今自分達が住むところに困っている訳でもないので問題にはなりませんでした。しかしよく1千万円も借金をする勇気があったと思います。

私はもう50歳を過ぎて、いい加減お金や借金の心配をせずに暮らしたいと思っています。裕福ではないけれど、みじめでない限りはそれなりの生活で良いと思っています。URでの賃貸ですが、引っ越したければ引っ越せる、そう思っただけで満足です。自宅を持つと、建て直すことまで考えなくてはいけないとは、大変ですね。

1000万円の動き

今してるアルバイトは不動産屋さんの事務なのですが、うちの会社の売りは今流行りのローコスト住宅です。1000万円で家が建てれちゃう!みたいな宣伝なのですが、土地代やオプションなどで結局2000万くらいもしくはそれ以上になるみたいです。家を買われるときにはローンを組むわけですが、今の世の中そう簡単にはローンが組めないんですね。

いつも契約は取れるけど、ローンが大変だと営業マンの方が頭を抱えています。ローコスト住宅を買うのは若くてちょっと無理をしてとにかく安く家を建てたい!という人が多いので余計に難しいそうです。今まで考えたこともなかったのですが、家賃を毎月払い続けるよりも頑張って家を購入して、家賃と変わらないほどの返済額で返済が終われば自分たちの資産になるという考え方が一番賢いやり方なのだと。それはそうだなと思うのですが、なんせアルバイトではローンが組めません。

世知辛い世の中です。貧乏人ほどローンで利子がついて損をする。ローンが組めずに家を手に入れれず損をする。おかしな話だなと思ってしまいます。アルバイトでなんとかその日その日を過ごす毎日を送ってきましたが、もう少し考えて貯金くらいできないとこの先痛い目に合いそうだなと、1000万円単位で動く会社のアルバイトをして初めて思いました。

お金持ちな人

私は以前、有名な和食料理屋で働いていました。お金持ちのお客さんは良く来るのですが、若社長らしき外国人の人がお友達を連れて20人程で来店した事があり、その時は驚きました。まずは注文する物の高いこと!基本は時価の魚介類、そして頼みつくした後は料理人にお任せにしていました。値段の張るお酒もどんどん入れていました。支払いはその外国人の方がしたのですが、出したのはアメリカンエクスプレスのブラックカード!おっ重い・・。初めてそのカードをマシンで処理しました。

ちょっと手が震えてしまいました。そして、財布を開いたときに無造作にカウンターに置いた車の鍵が目に入ったのですが、ランボルギーニの鍵・・!!お・・お金持ちだなぁ。しかも彼は会計が終わった後、ありがとうと言って私にチップで3万円を渡しました。そのチップらしからぬ金額に目を疑ってしまい、怖くなってしまった庶民派の私は「こんなに・・受け取れません!」と返そうとしました。世の中には色々な人がいるなぁと思った日でした。

借金まみれだった兄。

ずっと疎遠だった兄から久しぶりに着信がありましたが、折り返し連絡しようか迷っています。兄と疎遠になった理由は金銭問題です。兄は当時サラ金やらクレジットカードのキャッシングやらで数百万の借金がありました。詳しくは知りませんが、ギャンブル目的で借りたお金だったようです。一旦は両親が返済したようですが、その後もクレジットカードで限度額まで買い物して転売したり、まぁとにかく色々なことがあって常に借金がある状態でした。最初は事情を知らなかった私も「彼女を妊娠させてしまった」というどうしようもない嘘に騙されて30万ほど貸してしまった事がありました。

そんなことが続いて、一時は実家にいた兄も家出して行方がわからなくなり、その後疎遠となっていたのですが、突然「今まで申し訳ない事をした。謝りたい」というような内容の留守電がありました。正直、まったく信用できないし会いたくもないのですが、実兄だと思うとあまり冷たくするのもどうかと思うし、一応電話くらいした方が良いのか悩みます。現状私は専業主婦で、貸せるお金などないのだから、お金の無心だとしても応じる術もないわけですが。どうして兄がこんなにお金にだらしがないのか、本当に理解に苦しみます。

グレーゾーン金利が廃止されて、大幅に金利が下がったため、私たち利用者にとって消費者金融は非常に利用しやすくなりました。総量規制のため年収の3分の1までしか借り入れを出来ないという制限はありますが、結果的には借りすぎを抑制する事になり、安全な借り入れが可能になったということなので、多重債務に苦しむ人も減るでしょう。借金は出来ればしないで生活できる事にこしたことはありませんが、子供の教育費や、交際費など出て行くお金は色々とあります。

お財布がピンチの時に助けてくれるキャッシングは、もしもの時の心強い見方になるでしょう。ただ、それも計画的に利用するからであって、無計画に借り入れを繰り返していては、すぐに破産してしまいます。浪費癖のある人は、借りる前に一度本当に必要なのか考えてみる事も大切です。本当に必要な時に必要な金額だけ借り入れをするのが、正しいキャッシングとの付き合い方だと思います。無駄な借り入れはせずに、賢く利用するようにしましょう。

返済が苦しい時に利用できるローン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

消費者金融系の業者が行っているキャッシングは、自宅から申し込みを行う事が出来るうえに、審査のために準備しなくてはならない書類は必要がないので、簡単に利用する事が出来るので人気を集めています。しかし簡単に利用できるということから、借入の金額が増えてしまい、返済が苦しくなってしまうケースもみられています。現在では、総量規制という規則が施行されたので、年収の3分の1以上の融資は消費者金融から受ける事は出来なくなっています。借り入れている金額が、年収の3分の1を超えてしまった場合には、返済が苦しくなったからといって他のキャッシング系の業者から融資を受ける事は出来なくなっています。

こういった場合に利用できるのが、おまとめローンという名前の借り換え目的のローンです。おまとめローンは、借金の一本化を目的としたローンであり、金利は低く設定されています。総量規制は自己破産を減少させるための規則なので、利用者に有利な条件となっているおまとめローンは、総量規制の対象外となっています。現在、複数の業者から借り入れがあり返済が苦しい場合には、おまとめローンは検討するだけの値打ちがある内容となっています。